きりぎりす[エートゥシー・プロダクション]


二階堂正宏 エートゥシー・プロダクション
2020年10月09日
太宰治の名作短篇小説を二階堂流にアレンジしてデジタルコミカライズ!

原作者である太宰治が最も得意とする女性の告白体小説のひとつ「きりぎりす」。
「おわかれ致します。あなたは、嘘ばかりついていました。」で始まる、名声を得ることで破局を迎えた画家夫婦の内面を妻の告白を通して印象深く描く名作。
その物語をブラックユーモアの巨匠である二階堂正宏が驚きの脚色を加え、〝大人〟の「きりぎりす」としてコミカライズ。
この作品は原作が発するメッセージにさらに奥深い味わいを加味した作品となっている。
原作をめにしたことがある人はもちろんのこと。さらに原作未読の人にこそ、太宰作品を知るための必見のコミカライズとなる。